Wordpressインストール代行サービはこちら

【3〜4週間目】チャンピックス禁煙に挑戦した話 – 15日目〜28日目

まめいぬ

チャンピックスで禁煙を始めて「魔の2週間」を抜けたこの時期、精神的にも身体的にも落ち着きが戻ってきます。でも!この時期だからこそ気を付けないといけないのが「体重の増加」。3週間目の終わり頃から増え始めてきました。特に女性の方は顕著かもしれません。でも大丈夫です。

Tip01:禁煙で変わったこと(メリット)

  • お金が貯まる。というより減らない。
  • 息がすぐに上がらなくなった
  • 運動が楽しいと思えるようになった
  • 僅かだが体が軽くなった
  • 口臭・体臭は明らかに良くなった
  • カフェやレストランなどで喫煙席を探すストレスから解放された
  • ちょっとした隙間時間に喫煙所を探す必要がなくなった
  • 喫煙している時よりも思考がクリアになった

Tip02:禁煙で変わったこと(デメリット)

デメリットと書いているけど、ほとんどは禁煙治療中の症状で、今ではほぼほぼ気になっている項目はなし。ニコチン離脱症状と禁煙薬の副作用によるものなのであんまり心配しないでOK。

  • 禁煙すると体重が増えるは本当。避けられない。
  • 慢性の便秘(今も少し継続中)
  • 禁煙2週間目あたりから明らかにお腹が肉厚になる(運動!運動!)
  • 急に無性に何かを食べたくなる(今は落ち着いている)
  • 抑うつ症状に陥る・感情が無くなる・やる気が出なくなる(割とすぐ治る)
  • 稀に内服薬の副作用で吐き気や胃が気持ち悪くなる(割とすぐ治る)

Tip03:禁煙と一緒に始めたこと

  • 禁煙初日から体重測定(毎朝起きた直後)
  • 週3〜4日ペースでのランニングや水泳などの運動
  • フリスクNEOを買い溜めして常に食べる
  • その日の体調を禁煙日誌に記録
  • 他の人の禁煙日記やtwitterを見る
  • 体調悪かったり精神状態悪くても内服薬のせいにする(精神安定のため)

禁煙15日目〜21日目の状態

抑うつ状態・便秘・体調不良のオンパレードだった「魔の2週間目」を過ぎて3週間目に突入すると、不思議とこれらの症状が落ち着いてきます。特に辛かった「抑うつ状態」に関しても大分落ち着き、1日中ヤル気が出ない、楽しいと思えないなどの症状はとても軽くなりました。ただし、それでも稀に急にこの抑うつ状態に陥ることが。もう少しで抜けられそうですけどね。

まめいぬ

あんなに辛かった2週間目の自分が不思議なくらい、割と楽になっていたのがこの3週間目に対する印象です。
喫煙本数 体重 その他
15日目 2本 43.9kg ビオフェルミン飲んで便秘対策
16日目 0本 43.1kg 抑うつ症状(重症)
ランニング4.3km
17日目 0本 43.0kg ビオフェルミン飲んでいるが便秘
18日目 0本 43.1kg 抑うつ症状(軽症)
19日目 0本 43.2kg 便秘
ランニング5km
20日目 0本 43.4kg 抑うつ症状(軽症)
21日目 0本 44.1kg 便秘治らず
ランニング5.8km

体重が増え始めてくる

順調に禁煙ができている3週間目ですが、この頃気になっていたのは…そう、20日目あたりから増え始めた「体重」です。私の場合、この頃実は黄体ホルモンが多く分泌されている時期ということもあり、腹部の「むくみ」もすごかったです。さらに悲しいのは、チャンピックスを飲み始めてから慢性化した「便秘」のおかげで下っ腹(おへそから下)は見たくない状態にまでポッコリ…とはいえ、見ての通り週2〜3日でランニングを行い、食事に関しては元から夜ご飯を食べない生活でそこも変えていないため1日ごときで+1kgというのは考え難い。

というわけでこの頃の体重増加で太った思うのは間違いですね。確実に水分と女性特有のホルモンによる変動だなと。まぁ実際その通りでしょう。+1kgって理論上は前日に7000kcal摂取しないと増えないはずですからね。

まめいぬ

とはいえ、毎朝体重を測るたびにゲンナリしてしまうのは事実・・・なのでお医者さんに相談してみた。
太るのが嫌で嫌で、さっそくお医者さんに聞いてみたところ下記の回答をいただきました。

お医者さん

タバコをやめると女性の場合、細胞に水分をためやすくなるのが普通。これは正常な体の反応なので決して太ったと思わず安心して様子を見て。お腹がポッコリしちゃうのは溜まった水分と出ない便のせいで肉や脂肪ではない。
うん、やっぱりお医者さんの言葉は安心しますね。

抑うつ症状と肥満防止のためにランニングにハマり始める


突然ですが…私、走るのは超嫌いだった人間です。高校の時とかは体育の授業でマラソンがあったじゃないですか。(あったんですよ)あれ、毎回サボって体育の単位を落としそうになったこともあったくらい…走るのが嫌いだったんです。でも、チャンピックス禁煙始めて「魔の2週間目」の、あまりにも抑うつ症状が酷かった時に無性に運動したくなったんですよね。これは本当に無意識に。

余談

余談ですが抑うつ症状になったのは今までニコチンが担っていたセロトニンの分泌をこれまで働いていなかった脳にバトンタッチしたため、一時的にセロトニン枯渇状態になったことが原因かと。ただでさえ女性ってセロトニンが出にくいそうで、今思えばあのツライ抑うつ症状は脳が機能を取り戻そうとしていたことに起因するのかもしれません。

まめいぬ

そしてみなさん知っていますか?セロトニンって外部の刺激でも分泌されるんです。有名なのが「甘いもの」を食べること。女性はよく、スイーツが好きと言われますがこれも理にかなっていて、女性の中で分泌されにくいセロトニンを「甘いもの」を食べて補っているんですね。そしてもう一つが「運動」なんです。
私の場合、以前よりも確かに甘いものが食べたい気分になっておりましたが、それよりも本能的に「体を動かしたい!」と急に思うようになっていました。そこで5年前くらいにAmazonで購入したやっすいスニーカーと2年前通っていたジムで使用していたウェアを引っ張り出して、4kmくらい走りに行ったんですよね。(ランニングというよりジョギングか)

驚きの効果が

そしたらビックリ。もともと長距離ランが嫌いな私ですが、思った以上に走れて。なにより明らかに呼吸がしやすいんですよ(笑)あとなんか体が軽い。(というよりも足が自然と前にいく)とにかく気持ち良かった記憶があります。

そして走り終わった次の日から変化が!?あんなに深刻だった抑うつ症状が軽くなって自然とヤル気も回復していたんです。嘘だろ!チョロすぎだろ!って思いました?大丈夫です、私もにわかに信じがたかったですが本当です。

それから週4日以上は間を空けないという条件で走りに出ることに。そこからどんどん抑うつ症状は出なくなっていきました。急には治りませんが走り出す前の「1日ずっと廃人みたいになる」ってことは本当にスパッとなくなりましたね。

体重にはあまり影響しない

ちなみにこの頃からランニングにハマりかけた私ですが、これなら増え始めた体重も減るかも!と思っていましたが、実際はそこまで減らないです。ただ体のラインは全然良くなりました。体重に関しては本当に、むくみと頑固な便をどうにかするしかないですね。痩せるよ!とは言えないのですが、それよりも「体力がつきますよ」「精神的に余裕が出ますよ」「禁煙後の呼吸がいかに楽か分かりますよ」というメリットは声を大にして伝えたいです。

禁煙22日目〜28日目の状態

というわけで3週間目では「体重増加」に悩まされながらも「ランニング」に目覚めた私ですが4週間目はどうなっているのでしょうか。詳細は下記の表をご覧ください。

喫煙本数 体重 その他
22日目 0本 44.4kg イライラ・便秘
23日目 0本 44.1kg やる気回復・便秘
ランニング6km
24日目 0本 43.8kg 便秘
ランニング6km
25日目 0本 44.8kg 便秘が辛いので下剤
ウォーキング6km
26日目 0本 44.5kg ランニング6.5km
27日目 0本 45.1kg ランニング6km
28日目 0本 44.1kg 便秘が辛いので下剤
ランニング6km
ウォーキング6km

もうここまでくると喫煙本数はずっと0本です。とはいえ、ふとした瞬間に吸いたくなることは多々あります。例えば仕事で一息ついた時とか、少しイライラしている時とか。でも本当に数分経つと忘れてるレベルですね。

じわじわ増え続ける体重

そして…体重は初日と比べて+1kgいきそうです。どうにかこの辺で抑えていきたいと思っておりましたが、なんだかもうこの頃は成り行きに任せようと悟っていた気がします(笑)「タバコ辞めたら”太る”は嘘だった!」という記事を結構見かけますが、普通に増えますよ。細胞レベルで体質が変わるので当たり前ですが。

頑固すぎる便秘事情

ちなみに慢性的な便秘はよくなりません。この頃は3日おきくらいに下剤を飲んでおりました。ビオフェルミンを毎日3回、1日9錠飲もうがランニングしようが全くこの便秘症状には効きませんでしたね(笑)

というわけで、ここまでで4週間経過しました。残り8週間もあるのか!?と思ったりもしますが、この辺で治療をやめて結局また吸い始めて喫煙者に戻る人も多いそうなので、禁煙プログラムは最後まで完遂しましょう。事実、私もチャンピックスを飲んでいなかったらふとした瞬間に訪れる喫煙欲に負けていたかもしれません。

まめいぬ

喫煙チャレンジのみなさまも、ここまでお疲れ様です。せっかくここまで来たのだから禁煙完遂しましょう!大丈夫、世の中にはたくさん禁煙チャレンジしている人がいます。みんな仲間ですよ。

【5〜6週間目】チャンピックス禁煙に挑戦した話 – 29日目〜42日目

禁煙中の頼もしいお供

禁煙中は何かとお口が寂しくなりますよね。でもお口が寂しいからと言って普段食べていなかったものを食べていたら当たり前ですが太ります。そこで私が禁煙中に愛用していた口寂しさを紛らわす太らない食べ物をご紹介。

おしゃぶり昆布

おしゃぶり昆布は私の中で最強のおやつです。飲み込むまで時間が掛かるので喫煙欲求を長い時間抑えられます。そして何より、ガムと比べて美味しいので食べることに嫌気がささない。まじで美味しいまじで最強。

ただ、どうしても塩分が多いので無茶食いは避けてください。禁煙症状が落ち着くと自然におやつ昆布をそこまで食べたくなくると思いますので禁煙中だけのお供にすると良いでしょう。

フリスクNEO

フリスクNEOは通常のフリスクよりも粒が大きく食べ応えとお口の爽快感が段違いの商品です。割と長い時間舐めていることができるので喫煙欲求を紛らわすことができます。

またお口が常に爽やかで口臭などの不快感なども軽減でき頭も冴えてくるという優れもの。昆布が苦手な方はフリスクNEOがお勧めです。

クロレッツガム

禁煙のお供として長年たくさんの禁煙チャレンジャーに愛されるガム。その中で特にお勧めなのではクロレッツの緑「オリジナルミント」です。クロレッツは他のガムと違ってずっと噛んでいても味がなくなるまでの時間が長く私は長年愛用しています。

人前にいるときや仕事で誰かに会うときなどはおしゃぶり昆布は食べられませんのでフリスクNEOかこのクロレッツで凌いでいました。